日本大学生産工学部 環境安全工学科

学科紹介

主任教授挨拶

「サステイナブル社会の実現」
− それは近未来の最重要課題 −

環境安全工学科 教授 秋濱一弘 博士(工学) Akihama Kazuhiro, Ph.D

1980年台の半ばより欧米では「環境と開発」に関する用語として知られておりますが、 我が国において一般的に「サスティナブル」という言葉は 聞きなれない言葉です。これは広義で これは「持続発展可能」というように訳すことができますが、いわばサスティナブルとは「環境や社会にやさしい」となります。  これは、人間生活環境においては、「現在のような環境下で持続的に動植物が地球上で生存すること」、 また、社会環境においては、「万人が社会的に公平な扱いや恩恵を受けられること」を意味します。

しかしながら、近年、私たちの身の回りでは、地球温暖化に代表される環境問題や地震等の 自然災害から身近な生活環境の安全の確保など、リアルタイム・ソルーションを求められる課題が 山積しています。これらに対応すべくこれからのモノつくりには「環境に配慮」した視点が不可欠となってきます。

そのような社会背景のもと日本大学生産工学部環境安全工学科は、これまでの20世紀型の モノを「消費する」技術から「モノを循環させる」技術への転換が求められる21世紀型へ対応すべく、 2009年に新設された『環境をデザインし、サスティナビリティーを専門で学ぶ』日本で唯一の学科です。

このサスティナブルな社会構築のために本学科では『3つの視点』から環境を捉え学習します。

1. 人間生活環境問題:人口増加、食料と水の確保の問題、これは我が国の少子化とは裏腹に、 2060年には世界の人口は100億人を超えると予測されていますが、人口が増える過程で食料と 水が不安定になり地域によっては、「人間の過密化」に伴う水質汚濁、水利権をめぐる紛争など起 こり得ることが予想され、これらに対応し、人間生活環境の安全性を保つ観点を学習します。

2. エネルギー問題:近代文明の象徴とも言える化石燃料の存在は、まさに世界経済の基軸であり、 強いては利害紛争の原因ともなりうるものです。加えて、枯渇問 題、大気汚染など山積する問題を、 将来に向けてコントロールできる人材、世界一の省エネルギー技術を有する 日本の次世代エネルギー技術の開発、これらの技 術を世界に広める人材が今、必要となってきます。

3. 都市環境問題:世界的に都市部に人間が集中する傾向があり、 経済自体も都市を中心として発展することになります。この傾向は、 開発・発展途上国にも顕著に見られ、スラム化など都市の安全・安心を どのように保つかは重要な課題となってきます

環境安全工学科では、こうした『3つのビューポイント』をもとにしたサスティナブルな知識として、 (1)人間生活の安全性を確保する技術に必要な知識、 (2)近未来のエネルギー問題に対応できる技術に必要な知識、 (3)持続可能な都市環境構築に必要な知識......... このような環境ソルーションを全てグローバルな視点で自ら考え、学ぶためのカリキュラムを用意しています。

安全、エネルギー、地域環境をテーマにしっかりと基礎から学ぶと共に、 共通国際語としての「生きた英語」の教育を専門課程に設け、 日本の技術を世界 へ展開するにためインターナショナルなコミュニケーション能力育成に 最も力を入れている、我が国の工科系大学の中も類を見ない学科です。 2年次後期には、安全を重視した「環境安全コース」、 エネルギーを重視した「環境エネルギーコース」と、 自分の興味や関心や将来の方向性に応じてコース選択をすることになります。

このように、環境安全工学科で学んだ幅広い知識は卒業後、 インターナショナルコミュニケーション能力を駆使し、 その成果を世界に発信できる技術者として、また地球環境を"デザイン"できる科学者として、 実社会で活躍することと思います。サスティナブルな知識を有する技術者の社会的なニーズは高く、 卒業生は国内外で大きく羽ばたき、第一線で活躍しています。 21世紀型の持続発展可能な社会構築を目指して、一緒に勉強、研究をしていきましょう。

学科紹介トップにもどる