日本大学生産工学部 環境安全工学科

学科紹介

主任教授挨拶

「サステイナブル社会の実現」
− それは近未来の最重要課題 −

環境安全工学科 教授 古川茂樹 博士(工学) Furukawa Shigeki, Ph.D

1980年台の半ばより欧米では「環境と開発」に関する用語として知られておりますが、我が国において一般的に「サスティナブル」という言葉は 聞きなれない言葉です。これは広義でこれは「持続発展可能」というように訳すことができますが、いわばサスティナブルとは「環境や社会にやさしい」となります。 これは、人間生活環境においては、「現在のような環境下で持続的に動植物が地球上で生存すること」、また、社会環境においては、「万人が社会的に公平な扱いや恩恵を受けられること」を意味します。SDGs(Sustainable Development Goals)の理念を表す言葉ではないかと思います。英語のSustain は努力して状態を維持するという動詞だそうです。私たち個人個人のちょっとした努力で未来を変えられると信じています。SDGsには私たちの学科で既に取り組んでいるもの、取り組もうとしているもの、取り組みが難しいものがあります。"7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに"や"9 産業と技術革新の基盤をつくろう" 、"11 住み続けられるまちづくりを" 、"15 陸の豊かさも守ろう"等はこの学科でも取り組んでいます。

2019年は大型台風の関東直撃によって日本のあちこちで大きな被害が出ました。2020年はCOVID-19感染症の猛威という前代未聞の災害に見舞われています。現在もまだ予断を許さない状況です。今後も地球温暖化の影響と考えられる異常気象や地震等の自然災害に見舞われる可能性は高いでしょう。こうした災害から身を守ること、家族を守ること、そして社会を守るためにどうすれば良いか?を常日頃から意識しなければなりません。私たちの学科の取り組みが少しでも、少しずつでも社会に貢献できる力になるようにならなければと思っています。

環境安全工学科は、これまでの20世紀型のモノを「消費する」技術から「モノを循環させる」技術への転換が求められる21世紀型へ対応すべく、2009年に新設された『環境をデザインし、サスティナビリティーを専門で学ぶ』日本で唯一の学科です。

本学科では『3つの視点』から環境を捉え学習します。

1. 人間生活環境問題:人口増加、食料と水の確保の問題、これは我が国の少子化とは裏腹に、2060年には世界の人口は100億人を超えると予測されていますが、人口が増える過程で土地、食料や水の供給が不安定になり地域によっては、水質汚濁の深刻化や水利権をめぐる紛争など起こり得ることが予想されます。世界中の人々に常に清浄な水供給はSDGsの目指す目標の一つでもあり今後さらに力を入れるべき課題です。その他、人間生活環境の安全性を保つ観点を学習します。

2. エネルギー問題:近代文明の象徴とも言える化石燃料の存在は、まさに世界経済の基軸であり、強いては利害紛争の原因ともなりうるものです。しかしながら、パリ協定により今後排出できる二酸化炭素量の制限によって、「あるから使える」資源ではなくなってきています。21世紀は常に環境に配慮した新しいエネルギー資源開発が求められています。

3. 都市環境問題:世界的に都市部に人間が集中する傾向があり、経済自体も都市を中心として発展することになります。東京をはじめ多くに都市では、都市機能を担うインフラの老朽化,耐震基準に満たない家屋やビルの存在や廃墟となった建物など、さまざまな問題が浮き彫りとなっています。一方で地方は過疎化、高齢化が進み、財政も働き手も減少する傾向にあります。政府はSociety 5.0としてインターネット,IoT,AIを駆使してサイバー空間とフィジカル空間を融合させ経済発展と社会的課題の解決を両立する「第5期科学技術基本計画」を提唱しています。つまり、様々な場所に暮らす人々に公平に生活環境,社会サービスを提供しようとしています。今、こうした技術を実現するための技術者が求められています。

これらの視点はそれぞれ独立しているのではなく、時に融合しながら環境問題に関わる課題の解決に挑みます。すなわち,多角的視点と知識、技術を学べるのが環境安全工学科です。21世紀型の持続発展可能な社会構築を目指して、一緒に勉強、研究をしていきましょう。

学科紹介トップにもどる