日本大学生産工学部 環境安全工学科

学科紹介

教育目標

"環境安全工学科"の目指すこと

持続発展可能な社会の実現のためには,深い専門性を有するとともに俯瞰的な視野を有し連携して課題を解決する技術者が求められています。環境安全工学科では,環境・安全・エネルギーに関する高い専門性を有するのみならず,他者と協働することで自然との共生と安全社会を具現化するためのコミュニケーション能力・管理能力を有した人材の養成を目指しています。このような人材の養成のために環境安全工学科では以下の教育方針を設けています。

地球規模での環境保全と人間生活の安全を担うため、環境共生とエネルギーを基軸として、地球環境と生態系サービスの回復を実現しうる環境共生技術および、持続可能な発展に向けた気温上昇抑制に資するネガティブエミッション技術を兼ね備えた技術者を養成する。地球環境を守るための多角的な視点を有し、かつグローバルな視点での課題発見・解決能力を支えるコミュニケーション能力を身につけた人財の育成に重点を置いた教育研究を行う。

これに基づいて、環境安全工学科は、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、学部の教育目標並びに環境安全工学科の教育研究上の目的に基づいた教育課程により、以下の項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。

  • ●豊かな教養および環境共生とエネルギーに関する基礎知識を持ち、高い倫理観を醸成することができる。
  • ●国際的視野に立ち、必要な情報を収集・分析して、環境共生とエネルギーの観点から自らの考えを説明することができる。
  • ●環境共生とエネルギーを基軸とした専門分野を体系的に理解し、得られる情報をもとに論理的な思考、批判的な思考をすることができる。
  • ●生産工学に関する知識・技能等を活用し、環境共生とエネルギーの観点に基づき新たな問題を発見し、解決策を提案することができる。
  • ●経営管理能力を有する技術者として、環境共生とエネルギーの観点を活かして新しいことに果敢に挑戦することができる。
  • ●国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にしたうえで議論し、環境共生とエネルギーの観点をふまえて自らの考えを伝えることができる。
  • ●グローバル化する知識基盤社会の一員として、環境共生とエネルギーの進歩に適応し、他者と協働することができる。
  • ●自己を知り、振り返りを通じて、環境共生とエネルギーの観点を有する技術者としての自己を高めることができる。

持続可能な社会実現のものづくりのエキスパートの育成

※H29.4より新カリキュラムになります。

学科紹介トップにもどる